応急危険度判定士

このたびの平成30年北海道胆振東部地震により被災された皆さまと、
そのご家族、関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早い被災地の復旧・復興をお祈りいたします。

今回のような地震が起こるたびに、応急危険度判定士の活動を今一度確認し、
備えておかなければという思いになります。

応急危険度判定士とは、大地震により被災した建築物が、余震などにより倒壊、または、外壁及び窓ガラスの落下などにより生じる二次災害を未然に防止し、
建物を利用する居住者などの安全を確保することを目的としています。

弊社においても、鳥取県より鳥取県建築士会に要請があれば、
鳥取県地震被災建築物応急危険度判定士の認定を受けた社員が対応することとなっており、過去に平成12年鳥取県西部地震、平成28年鳥取県中部地震で活動を行っています。

災害はいつ起こるのかわかりませんが、そのときに備えておくことが重要だと思います。

b0253614_10145185.jpg



by hakutosekkei | 2018-09-13 18:51 | 日常

Hakuto BLOG


by hakutosekkei

画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
日常
イベント
現場より
津ノ井保育園&デイ
K診療所
お知らせ
未分類

最新の記事

ランチ会
at 2018-12-02 11:05
岩美町中央公民館・図書館整備..
at 2018-10-17 10:33
佐治町総合支所
at 2018-09-25 09:07
応急危険度判定士
at 2018-09-13 18:51
鳥取大学インターンシップ
at 2018-09-03 10:25

以前の記事

2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 04月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

中国
建築・プロダクト

画像一覧