人気ブログランキング |

歴史のこと

設計を始めるにあたって、敷地のことやその地域のことなど、

まず周辺環境についての調査を行います。


前面道路の交通量や、近隣の施設、日当たり、風の強さ・・・

その建物の形状や使い勝手などを決める上でとても重要な要素ですね。

弊社は県内出身の社員がほとんどですので、

日常生活の中で感覚的にわかっていることなどもあり、

そのあたりには強みがあると自負しております。


ただ、その場所の歴史や成り立ちなどについては

出身者といえども意外と知らないことも多くあったりします。


先日も設計活動の一環として歴史のことを調べる機会がありました。

年代を遡って昭和初期や大正期などのことまで見ていくと、

雨や雪が多い鳥取ならではの生活の仕方や、住居の作り方など、

今の時代に見てもとても参考になる資料もあって、

気づけばかなりの時間図書館に籠ってしまいました(笑)


住んでいる私たちだからこそ知っている地元と、

灯台下暗し的にまだまだ知らない地元があることをとてもよく感じた出来事でした。


日々の業務の中でそれだけに多くの時間を割くことはなかなか難しいですが、

許される範囲でしっかりとリサーチを行い、

今後もより地域に根付く建物を設計していきたいと思います。

歴史のこと_b0253614_17530647.jpg


ちなみにこれは弊社の近所にある標識。

このとても意味深な通り名の由来も今後調べてみたいと思います。


# by hakutosekkei | 2019-05-31 18:05 | 日常

湯梨浜中学校見学


先日、弊社倉吉事務所で設計監理を行った湯梨浜町立湯梨浜中学校を見学してきました。

この湯梨浜中学校は北溟中学校と東郷中学校が合併して、

平成31年度より開校する新しい中学校です。

湯梨浜中学校見学_b0253614_08541650.jpg


新中学校の校章。湯梨浜のYと花びらがモチーフのようです。



湯梨浜中学校見学_b0253614_08543758.jpg
来客・職員用の玄関。

西面への日射を抑制するため垂直ルーバーが設けられています。

湯梨浜中学校見学_b0253614_08543559.jpg

生徒用昇降口。

湯梨浜中学校見学_b0253614_08570088.jpg

こちらは中庭。透水性の舗装ブロックを使っているため、上履きのまま外に出ることも出来ます。

湯梨浜中学校見学_b0253614_08542845.jpg

階段は下から上まで見渡せる計画となっており、上下階を緩やかに繋いでいます。


湯梨浜中学校見学_b0253614_08542370.jpg


湯梨浜中学校見学_b0253614_08543377.jpg

大屋根が印象的な体育館は柔剣道場の上階にバトミントン・卓球のアリーナがあり、

2層分の吹き抜けを持つメインアリーナはかなりの大空間でした。



新しい中学校が、生徒の皆さんのより良い学校生活の場になればいいなと思うと同時に、

災害時の避難場所や地域活動の拠点としてなど、

昨今の多様なニーズに応えられる学校建築のあり方をしっかり研究して

今後の設計に反映していきたいと思いました。


# by hakutosekkei | 2019-03-29 17:18 | 日常

地鎮祭

先日、さとに田園クリニック分院の地鎮祭が執り行われました。

計画は2017年から行っており、紆余曲折ありながら地鎮祭を

迎えることができ、感慨深いものがあります。

地鎮祭_b0253614_10452868.jpg

あいにくの天候でしたが、「雨降って地固まる」ということわざがあるように、

建築する上では、地盤が固く締まり、良い状態になると捉えれば縁起の良い一日に

なったと思います。

地鎮祭_b0253614_10455409.jpg

これから竣工までの数ヶ月、良い建物となるように工事監理に励みたいと思います。
施主様、建設業者様よろしくお願いします。


# by hakutosekkei | 2019-03-12 11:52 | 現場より

建築基準法改正について

建築基準法についての話です。
国内で建築される全ての建物に適用される建築基準法。
実は数年毎に改正されつづけています。

設計者としてこの法律と向き合い、日々の業務に従事していく中で気が付くのは、
この法がきちんと建物を建てる・利用する方々を向いて策定された法律であるということです。

たとえば、国産・地域産木材を大規模な建築に用いる為の新しいの規定の追加、新たなニーズにあわせた用途の見直しなどがあります。
法律も時代に合わせたものであり続ける様、月日と共に姿を変えているのです。

平成30年度も法改正がありました。
その中の一つに『既存建築ストックの活用』を目的とした『用途変更に伴い建築確認が必要となる建物の規模の見直し(従来100㎡超とされていたが200㎡超に引き上げ)』があります。
社会的問題である「空き家の活用」に対する法律改正です。
空き家等の利用に関し、用途の変更が課題となり望まれた場所での新規事業や居住等ができないという問題がありました。
そのような問題が、この法改正で変化してくると思います。

法律が変化していく以上、私たちも法を正しく理解し正しい活用が出来る様に法改正については日々議論を重ねているところです。
弊社では、法律を元に様々な工法や建材を駆使することで既存ストックの活用についても有効な提案をさせていただくことが可能です。
どうぞお気軽にお問い合わせください。


# by hakutosekkei | 2019-03-04 09:19 | 日常

スタッフ募集のお知らせ

【スタッフ募集のお知らせ】

弊社では現在、機械設備設計監理技術者1名、土木コンサルタント技術者1名を募集しています。


弊社では、官公庁などの庁舎、学校建築から民間などの工場、事務所など幅広い分野の設計を
しております。
今後ますます斬新で高度な専門的技術の研鑽を積み、魅力的で「質」の高い建築設計、
地域の文化・風土・伝統に根ざした快適な環境の街づくりに、また、「建築」と「土木」の
総合技術力を生かし、地域社会に信頼され、愛される総合設計事務所を目指したいと思います。

その一員となって頑張って頂けるバイタリティーのある方をお待ちしております。





●機械設備設計監理技術者 1名

勤務地:本社(鳥取市西町2丁目123)

雇用形態:正社員(雇用期間の定め無し)

学歴:高卒以上

年齢:40歳以下

必要な経験等:機械設備設計・工事監理の経験者 又は 同業種の専門学科を卒業した者

必要な免許・資格:普通自動車免許(AT限定可)

          資格保有者優遇
 

●土木コンサルタント業務技術者 1名

勤務地:本社(鳥取市西町2丁目123)

雇用形態:正社員(雇用期間の定め無し)

学歴:高卒以上

年齢:40歳以下

必要な経験等:土木コンサルタント業務の経験者 又は 同業種の専門学科を卒業した者

必要な免許・資格:普通自動車免許(AT限定可)

         資格保有者優遇

求人情報の詳細な内容については、弊社総務部(0857-22-8381 担当:澤田)へご連絡ください。

意欲ある方と出会えることを楽しみにしています。





# by hakutosekkei | 2019-02-28 09:31 | お知らせ

Hakuto BLOG


by hakutosekkei

画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
日常
イベント
現場より
津ノ井保育園&デイ
K診療所
お知らせ
未分類

最新の記事

身体感覚のこと
at 2020-03-03 19:05
明けましておめでとうございます
at 2020-01-08 18:10
もちまき
at 2019-11-28 11:07
一級建築士試験
at 2019-08-05 11:12
S寺 竣工
at 2019-06-24 13:08

以前の記事

2020年 03月
2020年 01月
2019年 11月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 04月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

中国
建築・プロダクト

画像一覧